ダイエットを意識しすぎて摂食障害になった友人のこと


中学から交流があった、友人のダイエットに関するお話です。

その子とは、中学に入学し、同じクラスになりました。
初めの頃は所属している部活も違い、交流がなかったのですが、ある休日に、私が大好きな洋服ブランドにいるのを見つけ、
お互い服の好みが好きだということがわかり、それ以来仲良くなりました。
休日は、いつも二人でいて、雑誌を見せ合いながら「こなブランドのスカート可愛いね!」
「このお店、イベントがあるみたいだから行ってみよう!」などそんな話ばかりしていました。

いつも通り好きなことについて話をしていると、彼女から相談を受けました。
好きな人ができたという内容でした。
とても素敵な話だったので二人だけの内緒にし、私は彼女の恋を応援することにしました。
と彼女は、好きな人にもっと振り向いてもらうために、痩せて可愛くなりたい。と思うようになりました。

それが摂食障害の始まりでした。
彼女の元々の体型は、全然太っていなくてむしろ標準体型より少し痩せているくらいでした。
しかし、ファッションのことが大好きな彼女は、ダイエットの目標を憧れのモデルと同じ数字の体型に設定していました。

最初は私も、ダイエットに応援していました。頑張ってねと。
しかし、早く結果を出したいがために、食事を抜かし、下剤を飲んだり、食べてしまった時はトイレに駆け込んで吐き出しを繰り返すようになりました。
こう行った行動は、体が癖になってしまうのか、どんどんエスカレートしていきました。
目標の数字にも到達したにもかかわらず、彼女は痩せていないと感じているようで、心配してもやめようとはしませんでした。

そして、好きだった彼は転校をしてしまい会えなくなりました。
そうしてようやく彼女は我を取り戻しました。
しかし、体が記憶した行動はなかなかやめることができなかったようです。

今私も彼女も23になりますが、未だに摂食障害から抜け出せず苦しんでいます。
今も仲良く雑誌を見たりして遊んでいますが、痩せすぎた彼女をみると早く良くなってほしいと願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です